【生理学】ラッコの子育ては“命懸け”

  1. [ edit ]
  2. 化学・医学・生物
  3. / comment:0
引用元:
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1402838919/

1: Cancer ★@\(^o^)/ 2014/06/15(日) 22:28:39.56 ID:???.net
ラッコの子育ては“命懸け”

Katie Langin, June 12, 2014

 最新の研究によれば、ラッコの母親は自らの命を危険にさらすほど子育てにエネルギーを
つぎ込んでいるという。

ラッコの母親と生後1週間の子供。カリフォルニア州モントレー湾で2009年に撮影。
no title


 ラッコの母親は子供を育て上げるために約930メガジュールのエネルギーを消費する。
これは体重の133%を燃焼するのに相当するエネルギー量だ。

 ラッコは北大西洋の沿岸に生息し、子育て中に限らず大量のエネルギーを必要とする。
そのため、1日の食事量は体重の4分の1にも達する。体が小さく体温をうまく維持できない
こと、多くの海洋哺乳類と異なり、断熱材の役割を果たす脂肪の層がないことなどが理由だ。

 当然ながら、子育て中の母親は食事量がさらに増える。しかし、どれくらい必要として
いるかはわかっていなかった。

 「Journal of Experimental Biology」誌に11日付で発表された研究論文によれば、
生後6カ月の子供を持つ雌のラッコは子供に必要なエネルギーを与えるため、子供が
いない雌の2倍近く食べる必要があるという。毎日14時間を食事に費やす母親もいる。

 研究を率いたカリフォルニア大学サンタクルーズ校の生物学者ニコール・トメッツ
(Nicole Thometz)氏は、「母親たちの苦労がはっきりわかる研究結果だ」と話す。

 中には十分なエネルギーを取ることができず、体重が減少する母親もいるという。
その結果、「伝染病などの病気にかかりやすくなる」。

(つづきはソースを見てください)

ソース:ナショナルジオグラフィック ニュース(June 12, 2014)
ラッコの子育ては“命懸け”
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140612003

原論文:J Exp Biol
N. M. Thometz. Energetic demands of immature sea otters from birth to weaning:
implications for maternal costs, reproductive behavior and population-level trends.
http://jeb.biologists.org/content/217/12/2053

プレスリリース:University of California Santa Cruz(une 11, 2014)
Energy demands of raising a pup push sea otter moms to the limit
http://news.ucsc.edu/2014/06/sea-otter-moms.html




6: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/15(日) 22:47:38.22 ID:MvXXgUq9.net
おんぶに

19: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/17(火) 00:59:36.54 ID:TBD9aKhk.net
>>6
ラッコ

2: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/15(日) 22:34:54.54 ID:KdDcu4AF.net
ラッコの命懸けの子育てキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!

4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/15(日) 22:38:01.23 ID:uSy761lE.net
吉川美代子さんも注目しております!

5: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/15(日) 22:40:21.42 ID:2u+crrFN.net
ラッコだかビーバーだかは、人間にとってもかなり危険だとか

7: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/15(日) 22:49:19.05 ID:WWfUuREw.net
人間は虐待したり死なせたりおかしな母親も大勢

8: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 00:01:08.66 ID:PjNUULfs.net
ラッコは海草を守り生態系を健全に保つ益獣なのに、日本では害獣扱いされることが多いな。
日本の保全生態学は世界からかなり後れを取っていると言わざるをえない。


ラッコが海草の回復に一役、米研究
http://www.afpbb.com/articles/-/2964352?pid=11251556

11: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 09:50:01.87 ID:u1fl3YUP.net
>>8
ラッコの食い物を日本人も食うからなあ

9: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 00:40:47.46 ID:J5BDyat4.net
いまNHKでドキュメンタリー放送してるね

10: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 07:45:30.88 ID:L8HAW/Oj.net
まさにラッコの姿勢で拍手を送りたいです!

12: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 11:09:06.15 ID:MTEkTvTC.net
成獣でも食べ続けないと死んじゃうし
冷たい北の海に住むのに無理してるんだな。

13: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 11:45:12.38 ID:2+KgWj7F.net
こないだのNHKのラッコ番組はヤバかった。。。キューとミューの中間みたいな声で鳴きよる

14: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 12:12:39.95 ID:gtlT1qtM.net
以前はラッコをぶっ殺して皮をはいで毛皮にしてた

ほとんど絶滅しかかった動物っすよ

15: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 12:26:36.29 ID:tiU4K932.net
何でそんなに不効率なんだろう?
氷の海に住み始めたのは昨日今日じゃないだろうに。
皮下脂肪くらい蓄えられるように進化しとけよ。
もっと大きくて丸っこい寒冷地体型になっとけよ。

17: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 20:35:21.27 ID:vRWj0WCl.net
ラッコすげー

>>15
たぶん蓄えている暇が無いんだろうw
それに丸っこいと浮けないじゃないか! こいつは毛の密度を上げて浮いてるんだなw

>>16
ネコ、イヌ、イタチを経て、追い詰められまくって、こんなになっちゃったんだろうな
ちゃんと集団生活、道具の使用とヒトと同じ道を辿っているね
これで、暖かい海へ移動できれば毛が消滅して、陸に上がり言語と火の使用にこぎつけられるはず!
次の覇権はラッコだったんだな

16: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 12:39:34.99 ID:jiBJR7Dv.net
なんでそんな状態なのに海に住み着いたのだろうか?
陸でもネズミみたいに超高燃費の生物は居るけどさ……

18: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/16(月) 21:41:44.27 ID:5mpDABTK.net
たくさん脂肪を蓄えられる魚を主食にする生態系の地位は、
すでに海獣たちで占められていたんだろうね。

まさに、ニッチもさっちもいかないとはこの事。

20: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/06/17(火) 21:14:00.87 ID:WxJkiGRz.net
五個でもラッコでもお任せあれ

昆布にくるまったり
手をつないだり
可愛いすぎ

関連記事
スポンサーサイト


 管理者にだけ表示を許可する
 


おすすめ記事

このブログのRSS


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。